十二支(干支)に猫がいない理由!犬がいるのに

十二支といえば12匹の動物!身近な動物が浮かびます。
でも、その中になぜか猫がいません。

犬はいるのに何故か猫がいない

じつは、コレには鼠が関係していたのを知っていますか?

今回は、猫がいない理由を解説していきます。

動画もあったのであわせてご視聴ください。

 



 

十二支が選ばれた時の話

前置きとして、十二支の選ばれた理由ですが。

昔、神様が動物達に新年の1月1日に神様の下に着た者を順番に年の大将とすると言いました。
もちろん猫も十二支に入るつもりでした。

しかし、あわてものの何月何日に行けばいいのか忘れてしまいます

それで、仲が良かったに神様の下に何月何日に行けばいいのか聞きます。

鼠は、ウソを猫に教えて「1月2日だよ」と答えます。

さらに、悪知恵のはたらく鼠は牛が「脚が遅いから夜のうちに出発しよう」
という言葉を聴き、牛の背中に飛び乗ります。

そして、1月1日に神様の下について扉が開く瞬間に鼠が牛から飛び降りて
1番はじめに到着します。次に牛そして、虎という順番です。

そして、1月2日に猫が神様の下に行った時には既に、十二支(干支)は選ばれた後だったのです。

だまされたことを知ったは、鼠を追い回すようになったといわれています。

犬がいても、鼠がいない理由はこういう事らしいです。

 

SPONSORED LINK



 

 

 

十二支(干支)の順番

子(ね )→鼠(ねずみ)
丑(うし)→牛(うし)
寅(とら)→虎(とら)

.
卯(う )→兎(うさぎ)
辰(たつ)→龍(りゅう)
巳(み ) →蛇(へび)

.
午(うま)→馬(うま)
末(ひつじ)→羊(ひつじ)
甲(さる)→猿(さる)

.
酉(とり)→鶏(にわとり)
戌(いぬ)→犬(いぬ)
亥(い )→猪(いのしし)

 

猫がいない理由の動画

先ほどの理由(十二支(干支)に猫がいない)の動画を発見しました。
詳しくはこちらからどうぞ



 

猫が入ってる十二支(干支)の国

日本では入らなかったけど海外では実はいました
ちなみに、十二支(干支)は中国発祥で周辺地域に浸透していたようです。

チベットタイベトナムでは兎の代わりが伝わっているそうです。

海外では、微妙に十二支(干支)が違っているようです。

ということは、もしかするとこの理由も後付だったかも知れませんね。
(この辺は昔の人が考えたのか?いずれにしても覚えやすく工夫されている感じはします。)

その他の動物

実は、イタチも十二支に入りたかったようです。
しかし、既に順位は決まっていました。

でも、しつこく神様に訴えて何とか暦で使われるようになったといわれます。

それが、1日(つ・いたち)といわれる理由とのこと。

物語にすると覚えやすいので子供に教えるにはイイかもしれません。
また、昔は犬に比べると猫はマイナーだったかもしれません。

.
また、中国で野良猫なんて見たことないですね。一説によると食べる地方もあるそうです。
日本でも、三味線の材料になっていたというウワサが・・・。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ