みかん、缶詰のシロップ カロリーや糖分など栄養成分は?

肌寒い季節になると、コタツにみかん
って昔の定番でしたが最近は、缶詰に入ったみかんを
スパーでよく見かけます。

また、保存が利くので非常食として
他にも、缶詰ならあまったシロップを、みかんゼリーや、寒天に
使っていられるかたも、多いのではないでしょうか?

ただ、ダイエット中の筆者としてはいささか心配な事が?
シロップは甘くて味付けに良いのですが、
糖分とカロリーが心配だったのです。

筆者は今、低糖質ダイエットの食事方法を実践中で、
体重増加に気をつけているので、
いったいどれくらいの糖分なのか?
カロリーは?

気になったので調べてみました。

 

みかんとシロップの栄養成分

みかん 中1個(直径6cm)

みかん

エネルギー 45 kcal

たんぱく質 0.68 g
脂質     0.26 g
コレステロール 0 mg
炭水化物 11.21 g
糖分   8.89 g
食物繊維 1.5 g
ナトリウム 2 mg
カリウム 139 mg
カロリーの内訳 5% 脂質, 91% 炭水化物, 4% たんぱく質

 

 

みかんの缶詰のシロップのみ(1カップ250g)

みかんシロップ

エネルギー 154 kcal

たんぱく質 1.13 g
脂質 0.25 g
コレステロール 0 mg
炭水化物 40.8 g
糖分   39.03 g
食物繊維 1.8 g
ナトリウム 15 mg
カリウム 197 mg

カロリーの内訳 1% 脂質, 98% 炭水化物, 1% たんぱく質

 

SPONSORED LINK



 

糖分について

みかんは、1日2個程度なら糖分にしても18gなのすが
シロップ39.03gと、これはコンビニで売っている
おにぎり1個と同じぐらいだと思います。

 

抵糖質の食事制限では、糖分を1日100gぐらいを目安にしています。
これより低いと、やる気の減退や疲れなどが感じられる可能性が
あるといわれてます。

 

また、脳の栄養源として糖分が使われているそうで勉強など頭を使う
場合に特に必要だそうです。
これが朝食の必要性をいわれている、理由のひとつだそうです。

ただ、糖分を多く取りすぎると消費されたなかった糖分はたんぱく質と比べて
脂肪になりやすいので、やはり低く抑えたいところです。

 

 

市販されているジュースと比較してみました。

 

グレープジュース

シロップ250g     154 kcal   炭水化物 40.8  g
グレープサイダー250g  72.5kcal  炭水化物 20g

 

と比べると約2倍となっています。
やはり、ジュースなどで代用するほうが無難だと思われます。

シロップはカロリーや糖分をとり過ぎる危険性があるので
やはり避けたいところですね。

ちなみにこのグレープサイダーは楽天市場で50円ぐらいでした。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ