イースターとは2016年はいつ?お祝いの仕方

イースターとは?

ついイースター島が浮かんできましたが、キリストの復活祭の意味だそうです。
キリスト教圏ではクリスマスと同じように復活祭も祝日として大切のな日としてされているそうです。

イエス・キリストの復活した日だからめでたい?
キリストが死後3日目にして甦ったことを記念し、春の自然の甦りを祝うお祭り。

イースターエッグというと、最近聞くことが増えてきたと思いますが
卵が復活の象徴だということで食べたり、贈り合ったりして祝うんだそうです。

そんなお祝いの仕方だったんだ~。
日本ではクリスマスは有名ですがこちらは、私を含めまだまだ知らない人おおと思います。
(ちなみに、イースター島はイースターの日に発見されたのが由来だそうです。)

さて、このイースター(復活祭)が毎年日にちが違ってわかりにくいんですね。

という事で、2016年はいつなんだろうと調べてみました。

 

東京ディズニーシー(R) ディズニー・イースター
東京ディズニーシー(R) ディズニー・イースター

 

2016年のイースターはいつ?

さて、前置きが長くなりましたが

2016年のイースターはいつか?

2016年3月27日

がイースターになります。
ちなみに、翌年以降のイースターは

2017年 4月16日
2018年 4月1日
2019年 4月21日

2020年 4月12日

 

SPONSORED LINK



 

となっています。

並べてみると結構ばらばらでわかりにくいですね。
このイースターって規則性がわかりにくいんですが、どうやら決まっているみたいです。

325年に
春分の後の最初の満月に次ぐ日曜日」と決定したそうです。

春分の日は3月21日に固定しているそうです。

 

ちなみに、月の周期はおよそ29.5日なので毎年イースターの日は違うのですね。

それにしても、満月の次の日曜日ってことで1ヶ月ぐらいの誤差があるとだいぶ違いますね。
日本では冬の寒さから抜けて早春の過ごしやすくなる時期です。

サクラの花見や新学期の始まり、新社会人の入社時期で色々と忙しい時期かもしれません。

 

お祝いの仕方他

もともとは、イースターに余り係わりなかったみたいですが
後づけでイースターを楽しいものにしたいという意図が加わり現在のように
お祝いの仕方も変わってきたようです。
詳しくはこちらの動画で解説していました。


イースターエッグ

卵をカラフルに塗って遊びます。

エッグハント:卵を隠して探しだすゲーム
エッグレース:スプーンの上に卵を乗せて、早くゴールするのを競い合うゲーム
エッグロール:卵を坂の上から転がして遊ぶゲーム

ウサギは多産の動物でめでたいそうです。お祝いに出てくる

イースターとはゲルマン神話からきているそうです。
いわゆる春の女神(豊穣の神)という意味

商業目的が先行する日本の場合はホワイトデーにしても、クリスマスにしても伝統や由来というより、飲食業界とかが販売戦略で利用して本来の意味とかけ離れて浸透していくのでどうも素直に受け入れる気になれないんですね。

イースターも同じように意味や由来がわからないまま、広まっていくのでしょうか・

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ