電気基礎・回路理論の入門としてお勧め参考書

高校や大学で電気関係の基礎となる電気回路ですが
高校では電気基礎。大学では回路理論として多くの学生が学んでいると思います。

筆者も高校、大学と学んだのですが教科書がわかりにくい。
自習しようと思っても、回答のみで途中の式が省かれていたりと大変苦労した思い出があります。

参考書を探しても専門書は余り売れないので値段が高いのが多く、基礎の法則の説明を微分積分を多用して入門者にはわかり難いのがいっぱいでした。

そんな中で、今でも手元に置いている良書だと思える参考書の紹介です。

 

電気回路・回路理論のお勧め参考書

 

電気基礎〈上〉/直流回路・電気磁気・基本交流回路

 

電気基礎上 東京電機大学出版局
直流回路・電気磁気・基本交流回路

 

電気基礎下 東京電機大学出版局
交流回路・基本電気計測

 

この本は電気の基礎をはじめて学ぶための入門書として書かれています。
高校や高専・大学でも教科書としても使用されています。
 
難しい数式をさけて、やさしく図解での解説や復習問題の詳解がついているところがお勧めです。
電気の専門用語の解説も網羅されているので安心して取り組めます。
ただ入門書とはいっても、数学の三角関数のsin、cos、tanぐらいは使いますので。
 
高校や大学で使う一般的な教科書では詳解がないので、そこで躓きやる気がなくなっていく人が少ないくないと思います。
 
でもこの本なら詳細な回答があるので自分の回答を見直せるし、わからないところが聞きやすいです。
更に数学的な解説ではなく、やさしい解説なので本質的な理解に繋がります。

参考書のみでは、演習問題が足らないかたようにワークブックも別売りで販売しています。

 

SPONSORED LINK



 

独学するのには、基礎から順序良くまとめられているので圧倒的にわかりやすいです。
 
コレだけでも十分ですがもっとわかりやすいのが欲しいという方に、お勧めしているのが松下電器工学院 編著のプログラム学習シリーズです。

 

電気基礎講座1 プログラム学習による基礎電気工学 直流編

 

電気基礎講座1:基礎電気工学 直流編
電気基礎講座2:基礎電気工学 磁気・静電気編
電気基礎講座3:基礎電気工学 交流編
電気基礎講座4:基礎電気工学 電気回路編
電気基礎講座5:基礎電気工学 電子回路編Ⅰ
電気基礎講座6:基礎電気工学 電子回路編Ⅱ

このシリーズは1~6までありますが、5、6は電子回路の内容ですので電気基礎だと4までです。

演習問題はほとんどないのですが、参考書の解説しかたがわかりやすいのです。
心の声的な感想が横に書かれていて、会話形式でポイントがわかります。

カバーが黄色い本なので一度見れば見つけやすいと思いますので、ぜひ一度さがしてみて下さい。

電子科出身の筆者ですが、担当の教師がハズレだったのでまともに理解せず電子回路で苦労したのですが、無線の試験を受験するに1から独学で理解できる本が欲しいと必要に迫られて探し出したのがコレ。

他の参考書は電子回路の部分的な解説がなく理解不能だったのに比べ部分的な理由も解説されていてありがたかった参考書です。

電子回路入門者には5,6が参考になりますよ。もちろん、基礎として電機大学出版の電気基礎か松下電器工学院の1から4ぐらいは必要です。

 

まとめ

電気回路は、電気・電子系学科では基本になります。
無線、電気工事、電気主任技術士、工事担任者などの資格でも問題として出題されるので理解しておきたい科目です。
 
電子計測や電子回路でも必要になる基礎的な科目なのでもしも、ハズレの教員だったら上記の参考書を使用してでも独学することをお勧めします。
 
ちなみに筆者も高校で臨時講師をやっていたことが有りましたが、得意じゃない科目を大人の事情で持たされる場合があるので、こういう教材で独学するほうがわかりやすかったりします。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ