スーパーマーズ(火星)の方角・時間がわかるアプリ!使い方や観測法

2016年5月31日

火星が地球に再接近するとニュースを聞いて、普段あまり関心ない人でもやはり見てみたいと思うのが人情ではないでしょうか?

といっても、にわかじこみの知識で天体観測するのに自信もない。
どの方角を何時に見ればいいのかわからない。

そんな人にお勧めのスマホアプリを紹介したいと思います。
コレを使えば、迷わず方角や時間に困らないはず。

あとは、晴れて雲がない空であることを祈るばかり。

 

SPONSORED LINK



 

お勧めのアプリは「スカイマップ」

スーパーマーズ(火星)の方角・時間がわかるアプリは「スカイマップ」というアプリです。

無料で、使用する機能はGPSだけですので安心して使えます。
1スカイマップ

まず、「スカイマップ」を検索してアプリをインストールしてください。

 

次に星「火星」を検索して探しましょう。
まずは下の写真のような画面を出すために、まずは1回画面を軽くタップします。

2星座検索

そうすると、虫メガネのマークやら色々と出てくると思います。

虫眼鏡マークを押して、「火星」と入力しましょう。

3矢印

これで、矢印がついた丸が出てくると思いますので、その矢印に沿ってスマートホンを動かすと、火星の方角をナビゲートしてくれます。

 

4火星発見

 

画面に火星が近づくと矢印がなくなって、まるが大きくなります。

中をよく見ると「火星」が有りました。

以上、アプリで探すと簡単に火星の位置がわかりました。
 
天体観測するには、このアプリはかなりお勧めです。名前を入れれば星の方角を矢印で示してくれるので、目印のない夜空でも、迷わず探せると思います。
 
日没後、地平線より高くなれば火星がみえると思います。
時間は、各地域によって違いがあるのでスカイマップをかざして、空にあるなら是非差がしてみて下さい。

 

肉眼で探す場合

時間・方角

日没とともに、南東の空に現れる。
夜遅くには、南の空に赤く光る。

1週間程度は都市部でも肉眼で確認できるそうです。

ただ、日本のどの場所で見るかで多少変わってくると思うので、普段見慣れない大きめの赤い星をみつけたらスーパーマーズかもしれない。

最接近しているので1等星の15倍近く明るくみえるとのこと。
もちろん、大きさも大きく見えるので今日は少し夜空を見てみるといいかも。

 

次回のスーパーマーズは?

今回は、テレビのニュースで聞いてあわてて調べ見たが、地球と火星の公転軌道の違いから2年2ヶ月に1度接近するそうです。

ちなみに次の火星の接近は2018年7月31日で今回よりも更に大きく見えるそうです。

 

公転軌道

 

太陽を中心に考えると火星は地球より外側で公転していて軌道が長いです。
また、地球の軌道がほぼ円形なのに対して火星の軌道は楕円となっています。

そのため、最接近してもその時々で近さの距離も違ってくるんです。

当然ならが、地球に近いほうがより明るく見えます。
1週間ほどは都心部でも赤く見えるそうですので、一度はみえるかも知れませんね。
 
少し早いですが、七夕でも織姫や彦星や観測する時にも使えます。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ