柔道着のカビ黄ばみの取り方と洗濯の仕方

趣味で合気道をしているのですが、春から梅雨時になってくると暑くて汗を大量にかきます。

ありゃ~やってしまいました、柔道着をみるとカビが生えているじゃないですか?

練習後には必ず洗濯してたんだけど、つめが甘かった。
どうやら部屋干しで、湿度が高かったので襟元にカビが生えたようです。

という事で、今回は柔道着のカビ・黄ばみの取り方と洗濯の仕方ついてです。

 

柔道着のカビ・黄ばみを取るのに使うもの

haita

使用したものは、ハイターという漂白剤です。
また、同じような塩素系の漂白剤でブリーチでも、変わらないと思います。
どちらか、安いほうがお勧めです。

ちなみに、衣料用の漂白剤で酸素系とか塩素系の漂白剤があるのですが塩素系が強力です。

スーパーに行けば、洗濯用品コーナーにおいてあると思いますので探してみてください。
値段は200円もしないはずです。

注意事項

ちなみに、酸素系とまざるとガスが発生するそうなので注意しましょう。
他の洗剤は使わず、ハイター(塩素系漂白剤)のみで洗濯するのが無難。

また、換気が悪いと塩素の嫌なにおいが充満しますので注意。
手などに誤ってかかった場合、すばやく水で洗い流しましょう。
などなど、色々と細かいことは裏を見れば書いてますので、初めて使う時は少し読んだほうがよさそうです。

 

SPONSORED LINK



 

洗濯の仕方

洗濯機の水30Lに対してハイターのキャップで3杯(70ml)でつけ置き30分
(裏に書いています。)

しかし、今回は繊維が傷むのを承知で、
  • 水100mlハイターをキャップ3杯(70ml)の高濃度で襟元に染み混ませて、5分ほど置いて
その後、洗濯機に入れて洗濯しました。

所要時間は15分ほど。

洗剤は、特に入れずにハイター(漂白剤)だけで洗濯します。

洗濯機が屋内に置いてある場合、塩素の臭いが充満して健康によくない。
換気しながら、できるだけ短い時間で済ませる事をお勧めします。

 

カビはどれだけ落ちるか?使用前後

kabierimoto1

洗濯前は襟元に黒いカビが、いくつも有ります。
コレで練習に行くと相手も嫌がります。
というか、そんな奴と練習したくないですよね。
ちなみに襟に少し黄ばみが・・・。
今回は撮影し忘れていましたが、お尻の辺りも黄ばんでいました。

 

洗濯後の結果

kabierimoto2

襟元の黒いカビが見事になくなっています。
さすがに、塩素は強力です。

実はこれ、一回普通の洗剤で洗った後にカビが落ちなかったのでハイターを使い2度目の洗濯です。

普通の洗剤だけでは、カビは落ちません。

今回は少しだけでしたが、もし大量にカビが生えたからといって、捨てるにはまだ早いですよ。
(黄ばみも同様に落ちます。本当に漂白されてしまいます)
この柔道着は買ってから4年経ちますがまだまだ使えます。

是非試してみてください。

今度からは、カビが生えないように室外で干すように気をつけます。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ