割烹(かっぽう)と料亭と小料理屋の違いは?

忘年会や新年会に退職者の送別会なんかで料亭を利用したって人もいるのでは、と思います。

そんな人にいきなりですが、
料亭割烹(かっぽう)と小料理店の違いってなんなのか答えられますか?

筆者の中では、料亭は政治家や経営者が密談する場所というイメージですが・・・。
あとは、偉いさんの退職での送別会に使う場所かと。

 
それであとの小料理屋と割烹の違いがよくわかりませんでした。
高級な日本料理を食べれそうというイメージはありましたが違いはいまいちよくわかりません。

ということで、こんかいは改めて調べてみました。


 




 

料亭と割烹との違いは

料亭と割烹(かっぽう)は日本料理を食べさせてくれるのは同じです。
違う部分は、
料亭では、日本料理のコースを食べながら芸者遊びもできる。(現在は料理のみが多い?)
割烹では、カウンター形式で日本料理を楽しむということだそうです。

かなり、簡単すぎるので使用目的で分けると。

料亭:相談や会談することが中心だが、料理も楽しめる?高級な送別会
割烹:他の客もいるので料理を食べることを楽しむのが中心。作る工程を見る楽しみも。

というところでしょうか?

 

SPONSORED LINK



 

料亭や割烹の由来とは

料亭
江戸時代の中期に深川や浅草が発祥と言われています。
当時は「料理茶屋」と呼ばれていて、広いお座敷の個室がいくつもあった。
 
大名や、位の高い武士などがコース料理を食べて芸者を呼んでお座敷遊びをしていた
料亭と最初に呼ばれるようになったのは明治時代になってからだそうで
お座敷で日本料理を食べながら芸者遊びをする店。

割烹が生まれたのは?

昭和2年創業 京都「浜作」(現:板前割烹 浜作)が初めて使用(現在:京都市祇園)
現在3代目になる森川裕之氏の話では
 
「料亭というのはお座敷を利用することによって芸者衆が来たりとか、料理以外の付加価値が含まれたものが料亭」
 
「それに対して、板前割烹とは単純に料理を召し上がっていただく違い」
 
つまり、純粋に料理を味わってもらうためカウンターとなっていて、料理を作る工程を見れるようになっている。
料理を楽しむのに特化しているのが割烹の特徴とのこと。

日本料理だけを楽しみたい客には、料亭では敷居が高い、割烹のほうがありがたいですね。

 

SPONSORED LINK



 

割烹(かっぽう)という名はどこからつけたのか由来は?

実は割烹というのは、料理の技法を現した言葉で昔からあったんだそうです。
古くは奈良時代の日本書紀にも記されている料理の言葉だそうです。

「割」かつ:とは包丁を使う料理を示す。きったり、割いたりの火を使わない料理すべて
「烹」ほう:とは火を使う料理を示す。煮たり、焼いたり、あげたり、蒸したりの料理すべて

割烹=料理の技法を現した言葉
ということを意識して初代の「浜作」が板前割烹というようになったそうです。
そして、割烹の登場で料亭と割烹の違いが意識されるようになったそうです。

 

小料理屋とは

色々調べてみると、割烹と比較するよりも、むしろ居酒屋と比較する方がわかりやすいようです。
小料理屋は酒は飲めるけど、看板のように料理がメインということで。

もちろん、割烹ほどの本格的な料理ではないのですが家庭的?
小料理屋というと、刑事ドラマの「相棒」や「はぐれ刑事純情派」で登場する
美人女将と世間話も楽しみながら1杯というところでしょうか?

そもそも、数が少ないのと敷居が高いので情報がなくてすいません。

以上
ちょっとした、トリビア(無駄な知識)としてお役に立てれば幸いです。

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ