大麻比古神社の初詣 !開門時間や屋台や渋滞情報をまとめてみた

阿波の一宮といえば「大麻比古神社」です。

年始の初詣では、多くの参拝客でいっぱいになります。

阿波を開拓したといわれる大麻比古大神はもちろん、ほかにも多くの神様がお祀りされいます。

丸山稲荷社は、商売の繁盛の神様をお祀りしているので事業をされている方

天神社では、学問の神様ということで受験生だったら合わせて、お参りしたいところです。
屋台も出るので、子供大喜びです。

徳島に住んでいるなら一度は行ったことあるのではないでしょうか?
ということで、今回は大麻比古神社の初詣の屋台や時間や渋滞情報をお届けしたいとおもいます。

初詣の交通規制や開門時間など

駐車場
無料駐車場 1000台

12月31日22:00~1月1日20:00 開門
多くの参拝客が訪れますので、渋滞が発生します。
駐車場は1000台用意されおり、すぐ近くに境内があります。
でも初詣では、駐車場の待ち時間で1時間以上かかる模様。

くる年を大麻比古神社の境内で迎えるなら22時前には確実に準備しておきたいところです。
早めに行って、駐車場で待っているのがいいかもしれません。

空いてる時間

1月1日 3:00~5:00
知人からの情報によるとさすがに、深夜はすいてる模様です。

交通規制情報

12月31日22時~1月1日7時

1月2日9時18時
1月3日 同上

初詣客の混雑や渋滞のなどが予想されますので規制されています。
(詳しくは現地で)
屋台の情報

12/31~1/5 屋台が出ています。

甘酒、うどんなど(1/3まで)

ぜんざい、コーヒーなど

周囲には、スーパーやコンビニがないのでお腹がすいたら便利です。
大変混雑するので、できれば前もって購入するか食事は済ませていきましょう。

その他に、トイレも混雑が予想されますので水分は控えめに。
屋台は、帰り際によるのがおススメです。

 

SPONSORED LINK



 

住所やアクセス情報

住所:徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13



 

高速道路の場合
藍住IC⇒車で約15分
板野IC⇒車で約10分
鳴門IC⇒車で約20分

徒歩

高徳線の坂東駅から徒歩20分

 

開門時間(通常)
午前6時~午後5時

ご祈祷受付時間(通常)
午前9時~午後4時30分まで
※ご祈祷は30分間隔

 

汽車での参拝は本数が少ないので時刻表を調べていきましょう。
実際、歩いていくと結構遠く感じました。

車の渋滞をとるか、待ち時間を計算しながら汽車で行くか?

坂東駅周辺や霊山寺周辺で駐車できる場所を探して、20分ほど歩いていくのがベストです。
県内でも1番人気の初詣スポットですので正月の間は、駐車場待ちで大渋滞間違いなしです。

 

SPONSORED LINK



 

渋滞の待ち時間潰しとその他まとめ

初詣は、楽しいけどたどり着くまでが退屈。

こういう時は、スマホゲームでもやると案外はやいです。

正直、ちょっとした時間潰するのにあると便利です。

どんなゲームあるのかは、こちらのランキングから探してみては?

さて、話を戻すと大麻比古神社では、境内に樹齢千年を越すクスノキがあります。
いわゆるご神木で、太いので思わず抱き着きたくなります。
また、境内は広々として、掃除も行き届いていてスガスガしい感じす。

厄除けや交通安全の神様として、地元の人々からは「大麻はん」と呼ばれています。
本殿の奥には、池がありメガネ橋がかかっています。

このメガネ橋は、第一次世界大戦での捕虜となったドイツ兵が作ったと言われいます。

そして、このメガネ橋は恋のメガネ橋ともいわれていてます。

橋から、池の中央の岩に向かってお賽銭を投げて、見事のれば恋愛が成就するとのうわさがあります。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ