クリスマスにターキー(七面鳥)を食べる由来は?

クリスマスと聞くとなぜだか、気持ちが盛り上がります。
クリスマスソングや、ケーキ、ピザ、ターキー(七面鳥)などが
お祭り気分を一掃盛り上げてくれるのでしょうか?

さて、早速ですがクリスマスに、ターキー(七面鳥)を食べる習慣の由来って何処からなんでしょうか?
(日本ではチキン(鶏肉)なのは?)
スモークドターキードラムスティック5本 骨付きターキーハム5本

スモークドターキードラムスティック5本 骨付きターキーハム5本

 

クリスマスに七面鳥を食べる由来

クリスマスといいますとキリスト教文化圏の行事という事ですが
そもそも、ターキー(七面鳥)を食べることはどうやらアメリカ大陸に
多くの清教徒が移住してからだそうです。

 

というのも、ターキー(七面鳥)はメキシコ、アメリカ、

カナダなどの大陸に広く生息していたそうです。

そして、アメリカ大陸に移住した人々が収穫祭の時に、

ターキー(七面鳥)を食べていたのがヨーロッパにも伝わり、

クリスマスに食べるのが習慣化したそうです。

 

これが、クリスマスにターキーを食べる由来になったそうです。

味はニワトリより脂分が少なく、さっぱりとしている。

脂分が少ないので健康食品とされている

 

スポンサードリンク


 

日本では、何故チキンなの?

そもそも、日本ではクリスマスというのは
1900年(明治33年)に大手のデパートが銀座に進出して、その頃から盛んになってきたそうです。
今で言うところの年末のバーゲンというところでしょうか?

文化的な背景というより、経済的な背景でクリスマスが広がりその商品としてターキーは
日本では入手困難だった
ので、代わりに鶏肉が代用されたそうです。

これが、契機となり日本でもクリスマスになるとチキンが食べられるようになったそうです。
ちなみに、七面鳥の由来は
頭部の首のところに裸出した皮膚が興奮すると赤、青、紫などに変化するため、

七つの顔(面)を持つ様に見えることに由来します。

 

また、短い距離であれば飛べるそうです。
ターキー(七面鳥)は、アメリカと色々と関わりがあるみたいです。

ボーリングでストライク連続3回でターキーという由来も調べてみました。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ