干支(十干十二支)の仕組み!組み合せや数え方はどうなってるの?

普段はあまり、取り上げられることが少ないが年末年始になると特集される干支。

今回は、この文化?をもう少し深堀して見ようと思います。

もともとは、古代中国の陰陽道から来ているそうです。

なので、その思想が昔の日本にも取り入れられており長い間使わてきました。

現代でも主に、四柱推命といわれる占いで必須の考え方となっています。

また、この数え方がわかると60歳を還暦とよぶ意味がわかったりします。
今回は、この干支の組み合わせ(十干十二支)について調べてみました。

 

干支で使われる十干と十二支とは?

 



十干(じっかん)

古代中国の陰陽5行説で時間や空間を現すときに使用されたもの。
干支(えと)を書くときに上に書くので天干(てんかん)と呼ばれる。

陰陽5行説では、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなると考えられていた。
さらに、5種類の元素を兄弟(えと)に分けたものです。兄が陽、弟が陰です。
五行 十干 読み方 陰陽五行
こう・きのえ 陽の木
おつ・きのと 陰の木
へい・ひのえ 陽の火
てい・ひのと 陰の火
ぼ・つちのえ 陽の土
き・つちのと 陰の土
こう・かのえ 陽の金
しん・かのと 陰の金
じん・みずのえ 陽の水
き・みずのと 陰の水
十二支(じゅうにし)
同じく古代中国で使用されていたが方位や月などで使用されていたが
干支を書くときに十干にたいして下に書くので地支(ちし)と呼ばれる。
子(ね・し)丑(うし・ちゅう)寅(とら・いん)卯(う・ぼう)

辰(たつ・しん)巳(み・し)午(うま・ご)末(ひつじ・び)

申(さる・しん)酉(とり・ゆう)戌(いぬ・じゅつ)亥(い・がい)

 

干支とは
この十干と十二支を組み合わせたものをいう。

 

SPONSORED LINK



 

十干と十二支組み合せ方

干支は前に十干(天干) 後ろに十二支(地支)の文字をあてはめる。

干支の組み合わせ方は、「1年ごとに各々進める」※1というルールがある。

ので、・・・ と進んでいく。

十干
甲➡乙➡丙➡丁➡戊➡己➡庚➡辛➡壬➡癸

十二支
子➡丑➡寅➡卯➡辰➡巳➡午➡末➡申➡酉➡戌➡亥

2017年は丁酉(ひのえ とり)だったが次の2018年の組み合わせは

十干と十二支それぞれ進んで戊戌(つちのえ いぬ)となる。

※1「陽の干には陽の支、陰の干には陰の支を組み合わせる」
甲と子は陽で、乙と丑は陰など

 

干支の一覧
甲子 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午 辛未 壬申 癸酉
甲戌 乙亥 丙子 丁丑 戊寅 己卯 庚辰 辛巳 壬午 癸未
甲申 乙酉 丙戌 丁亥 戊子 己丑 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳
甲午 乙未 丙申 丁酉 戊戌 己亥 庚子 辛丑 壬寅 癸卯
甲辰 乙巳 丙午 丁未 戊申 己酉 庚戌 辛亥 壬子 癸丑
甲寅 乙卯 丙辰 丁巳 戊午 己未 庚申 辛酉 壬戌 癸亥
 

よく間違うのは、組み合わせが120通りあると勘違いする事。

十干と十二支が各々に進み、かつ各々が偶数個なので十干の奇数と十二支の偶数が合うことはない。

例えば、十干の1番目の甲と十二支の2番目の丑を合わせて甲丑という組み合わせはない。

なので、一回りするのは60個の組み合わせとなる。

還暦とは、暦が一回りしたということで昔の人間の平均寿命から考えるとめでたい事として祝われた。

 

干支が使われる場面

また、歴史上では干支の名前が付いた事件などが多くあります。

戊辰戦争
辛亥革命
甲午農民戦争(東学党の乱)
壬申の乱

契約書などで甲や乙など仮名として使われる。

地図などで使う子午線
「子」(し・ね)は「北」を、「午」(ご・うま)は「南」をそれぞれ表す。

時刻を表す場面
子の刻 丑三つ時

以上、暦や時間などで多くの場面で十干や十二支が使われている。
知っていると何かと便利な知識だとおもいます。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ