上杉雪灯篭まつり2017の日程やイベントの時間アクセス情報!

寒い冬だからといっても雪まつりと聞くとなぜか行きたくなります。
雪深い山形県米沢市で行われる雪まつりは、灯篭を使っていてとても幻想的な雪まつりです!

ご家族、お子様やカップルでお出かけするのにちょうどいい雪まつり。
雪の中に、浮かび上がる灯篭の明かりが寒さを忘れさせてくれるかもしれません。
ということで、山形県米沢市の上杉灯篭まつりについてイベントのスケジュールやら開催場所などを紹介してみます。

 

上杉灯篭雪まつりとは?



 
昭和53年から開催されている雪まつりです!
この時、太平洋戦争没者の霊を鎮魂塔に慰める為に雪で制作し、献灯することとなったことが、きっかけと言われています。

先人の想いがたくさん詰まった鎮魂の塔は、現在にも受け継がれています!

 

2017年の日程・イベント時間について

【開催期間】
2017年2月11日~2月12日

 
【開催場所】
上杉神社境内・松が丘岬公園一帯



 
【イベントスケジュール】
2月10日
・17:30~20:00…雪灯篭プレ点灯

 
2月11日
・11:00~21:00…テント村物産展
・11:00~21:00…会場周遊スタンプラリー
・11:00~17:00…ステージイベント
・12:00~20:00…手作りローソク体験コーナー
・17:00~…雪灯篭・雪ぼんぼり・キャンドルゾーン・ぼんぼりロード点灯

 
2月12日
・11:00~20:00…テント村物産展
・11:00~20:00…会場周遊スタンプラリー
・11:00~17:00…ステージイベント
・12:00~20:00…手作りローソク体験コーナー
・17:30~…雪灯篭・雪ぼんぼり・キャンドルゾーン・ぼんぼりロード点灯

 

ステージイベントでは、地元米沢で活躍するパフォーマーを中心に盛り上がるステージが展開されています!その他に、県内外から集まった美味しいテント村物産展!休憩スペースも、飲食ブースもありますよ!

 
なんといっても、雪灯篭が約300基に雪ぼんぼりが約1,000個という数が会場を包み込み、白銀の中に揺らめくオレンジ色の光が寒さを忘れる程の幻想的で綺麗なんです!

 
開催期間中、手作りローソク体験コーナーがあるので、是非ご家族で自分だけの特別な1つだけのローソクを作ってみてはいかがでしょうか!?

 

SPONSORED LINK



 

アクセス方法について

雪灯篭まつりは、会場に駐車場がないため付近の有料駐車場か有料シャトルバスの利用、公共個通機関をご利用ください!

 
【米沢市街循環バス】(右回り)
・米沢駅前発→上杉神社前下車 (片道200円)

 
【有料シャトルバス】
●時間
・2月11日(土) 10:30~21:30
・2月12日(日) 10:30~20:30
※20分間隔での運行になっています。

 
●区間
・米沢市役所前↔伝園の杜/米沢駅↔伝園の杜

●料金
・大人(中学生以上)100円/小学生は50円(幼児無料)

 
当日雪なども降っていたり積もっている場合がありますし、会場付近の有料駐車場も混雑していてスムーズに行けない場合もあるので、公共交通機関の利用をオススメします!

 

見どころ


やはり、なんといっても雪化粧した周りに浮かぶ灯篭の明かり。
白い雪に灯篭の暖かい光がマッチして、癒されます。

会場は、米沢市の市街地にあるので新幹線でのアクセスにも便利。
都心から雪の山形を満喫しに来るのも、この時期がいい。

雪は苦手ですが、動画にでていた寒い中で食べるラーメンがめっちゃうまそうです。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ