大学MARCH(マーチ)の由来と偏差値のレベルは?

この記事は、大学名でMARCHの由来や偏差値のレベルなどについての記事です。
大学受験で偏差値レベルでよく聞くことばマーチ。
日東駒専や早慶レベルなどはわかったのですが『MARCH(マーチ)』って何?

私は、はじめ聞いた時なにがMARCHは3月?、行進か何かなのか!?
など、変な考えになってしまいました。

そんなMARCHって何!?なんでそんな呼び方になったの由来は?

そんな疑問を解決していきたいと思います。

march


大学のMARCH(マーチ)ってどこの大学?

いきなりですが、ずばり下の大学で頭文字をとっています。

明治(М)Meiji
青山(A)Aoyama Gakuin
立教(R)Rikkyo
中央(Ⅽ)Chuo
法政(H)Hosei

この5大学なんです。
よくクイズ番組に出る頭のいい大学で知らない方は居ない程の有名大学ですよね!
数々の有名人やお医者さんなどがMARCH(マーチ)で卒業してます。

学部によっても違いますが、早慶レベルより下のレベル。
とはいっても、私立大学だと有名校で優秀な学生が多いのには違いないですね。

初めて聞いたときは、マーチっていう大学があるんだろうな~とも思っていました。
英語表記だからもしかして、海外の有名大学なのか?とまで思っていた。

それが、フタを開けてみたら、よく聞く有名私立大学5校じゃないですか・・・。

すいません、工業高校出身で大学受験とは遠い世界でいたものでわかりませんでした。

しかし、そんなの誰が決めたんだ?
文科省がそんな呼び方していったっけ?

 

【SPONSORED LINK】



 

MARCH(マーチ)と呼ばれるようになった由来とは?

MARCH(マーチ)とは、お洒落なイメージだったり神奈川県や東京都からの公立校からの現役進学率が高いんですよね!

そんな、公務員やお医者さんを目指す大学が何でMARCH(マーチ)と呼ばれるようになったかというと、ほんの些細なことからだったんです!

蛍雪時代という受験専門誌の編集長の“代田恭之”さんが名づけ親です。
『大学への進学率が1割を超えた昭和30年代に、大学というものがエリート期→マス期に変わっていくのに従って私大グループの呼び名を合格発表の月でもある“3月”(マーチ)とかけて名付けた!』

というきっかけで今も尚MARCH(マーチ)という呼び方で数々の人に呼ばれるようになりました。

1専門雑誌の蛍雪時代に、そんなに影響力があったとは意外です。
確かに昔は大学出た人たちは幹部候補というかエリートだったな~。

でも、いまじゃ大学出ても肉体労働をしたり、大学の進学率も高くなって当たり前になってきましたが。


 

大学のMARCHのまとめ

今では、生徒に人気のある大学ランキングで上位20位にMARCH(マーチ)がランキング入りをしていて、有名大学の名をあげているのがMARCH(マーチ)なのです!

MARCH(マーチ)だからといって学校同士の交流もないようなのです。
それぞれの学校がとてもお洒落な外観していたり例年の入学したいと思っている高校生の方々も年々変わらずの倍率です。
やはりMARCH(マーチ)と言われるだけの有名な大学なんですね!

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ