岡寺山継松寺初午大祭2017の日程や時間アクセス

三重県松阪市にある岡寺山の継松寺は、天平15年に行基ボサツが建てた日本で最初の厄この岡寺山継松寺は、厄除けの厄落としとして有名な寺院で、厄年の方の厄落としに来られる方が多く見受けられます。

岡寺山継松寺初午大祭(おかてらさんけいしょうじはつうまたいさい)は毎年3月初旬ごろの午の日を中心に前後3日間に渡って行われる祭りです。

県内の仏教寺院の祭礼としては、最大級の祭礼と言われています。

この地方に春が訪れるようにと願いを込めて、街は露店などが出店され賑わいを見せます。

初午大祭では、『厄をはじ去る(猿)』という意味を込めて『猿はじき』という縁起のいい厄払いの玩具が販売されており、これを1年間の無事を祈るため購入される方が多いそうです。


開催日時について

2017年3月7日・8日・9日

 

 

開運厄除御祈祷受付時間について

祈祷を申込される方は受付時間までに申込をお願いします。

祈祷料は3000円です。

受付時間は日にちによって異なりますので注意願います。

3月7日 午前8時から午後9時まで

3月8日 午前7時から午後8時まで

3月9日 午前8時から午後5時まで

 

SPONSORED LINK



 

アクセス方法や駐車場

開催場所 岡寺山継松寺

住所 515-0083 三重県松阪市中町1952

電話番号 0598-21-0965



 

電車の場合は、近鉄・JR松阪駅より西北500m 徒歩5分の所にあります。

車の場合は、伊勢自動車道松阪ICより車で15分の所にあります。

駐車場は岡寺山継松寺の道を挟んだ東側の参拝者用の駐車場があります。

 

 

周辺観光情報

(御城番屋敷(ごじょうばんやしき))松阪城の警護を任された藩州たちの屋敷が立ち並んでおり、今も藩州達の子孫が生活しており、一部一般公開されている建物があり、昔ながらの街並みを見学できます。駐車場がないため松阪城の駐車場をご利用して頂く場合があります。月曜日が休館日となっております。

(香肌峡温泉)自然豊かな櫛田川の上流にあり、高見山の渓谷に沸く自然豊かな温泉宿です。平成28年度には全室愛犬と宿泊できる施設に生まれ変わり、温泉宿周辺では【わんわんパラダイス】という施設もあるそうです。

茶褐色の温泉は鉄分や炭酸を含み、湯上りにはお肌がすべすべになると評判の高い温泉宿になっております。

広々とした内湯や岩づくりの露天風呂やサウナなども完備されており、日帰り入浴も可能の温泉となっております。

 

お近くにお住まいの方、遠方で祭りにご興味のあるかたはぜひお立ち寄り下さい。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ