田縣神社豊年祭2017年の時間や駐車場について

毎年新しく大男茎形を奉制して田縣神社の神様にお供えし、今年一年がユタらかな年であるように祈るのと、育成や子孫繁栄を祈念する田縣神社の豊年祭!
なんと言っても男性性器をかたどった『大男茎形』が何といっても特徴のお祭りになっています!

昔から続いてる祭りって意外と、きわどい形に思わず見てるこっちも苦笑い・・・

リアリティがあり過ぎですね。女性はとりあえず笑うしかない?

そんな毎年恒例の、田縣神社の豊年祭についてご紹介です

 

田縣神社豊年祭2017年の日程、時間について

 

【開催日】
2017年3月15日

毎年3月15日に開催

【開催時間】
10:00~16:00

 

【スケジュール】
・10:00~…御輿を担ぐ、厄男の献餅行列や尾張中央農協味岡支店前出発
・11:00~…厄男による献餅行列、田縣神社に到着
・13:00~…お旅所にて「御前祭」を斎行。厄男・行列奉仕者参加。

 
・14:00~…御輿行列お旅所を出発
・15:00~…「例大祭」を田縣神社本殿にて斎行。
・15:30~…御輿行列田縣神社に到着。(約120名参加)
・16:00~…奉祝餅投げ

 

【SPONSORED LINK】



 

田縣神社へのアクセスや駐車場について

【開催場所】

田縣神社

住所:愛知県小牧市田県町152



 

【各鉄利用でお越しの方】
名古屋駅から名鉄犬山線に乗車→犬山駅で名鉄小牧線に乗り換え→田県神社前駅で下車し、徒歩約5分

【地下鉄利用でお越しの方】
名古屋駅から市営地下鉄桜通線または、東山線を乗り継ぎ→平安通駅で上飯岡線に乗り換え→名鉄小牧線連絡→田県神社前駅で下車し、徒歩5分

【車でお越しの方】
41号線を南下、犬山市交差点を側道沿いに左折→「久保一色」交差点を通過後まもなく右手に見えます。

【駐車場情報】
駐車場がない為、公共交通機関をご利用ください。

 

見どころについて

なんといっても、直径60センチの長さ2メートル余りの大男茎形(男性性器)を毎年新しく檜で作成してmそれを厄男たちが御輿に担ぎ行列をなして練り歩く姿が迫力満点のお祭りになっています。

大男茎形はなんといっても重量が300キログラムもあり、樹齢200年~250年の檜を使っていることに驚きです!

見た目のインパクトに観光客の方々もびっくりしちゃいます。
正直この光景を女性はどう思っているのか?
子供もどうなんだろう。
これは、テレビ的にはNGではないでしょうか?
でも、伝統文化だからOKなのか?

午後4時からは、奉祝餅投げがあるので、エネルギーを使い切らずに温存しておきたいところです。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ