CIAが日本人を洗脳?FBIとの違いは

海外映画やドラマでよく登場するのがCIA、FBIです。
どちらもアメリカ合衆国の機関です。

トムクルーズがCIAエージェントとして活躍する映画や透視能力を使って行方不明者を探したり、犯人を捜す特集がテレビで放送されていました。
さて、何がどう違うのか?いまいちよくわからないので調べてみました。

CIAってカッコいいイメージが有りましたが、実は戦後の日本にもいたんですね。
国の世論操作をしていたと言われています。一度は聞いた事のある政治家も協力者といわていたそうです。
その辺も含めて解説できればと思います。

 

CIAとは

暴露:スノーデンが私に託したファイル

暴露:スノーデン(元CIA諜報員)が私に託したファイル

CIA:Central Intelligence Agency

中央情報局
アメリカ合衆国大統領直属の情報機関

活動内容は、軍事や経済、外交官の買収などの情報収集

敵国内での民衆世論の操作などの情報操作

親米民主化などの政権に助力や反米的な政権の弱体化工作

となっております。
いわゆる外交・国防に必要な諜報活動となるのだが謎が多い組織だといわれてます。
近年、有名になったのは元CIAのエージェントでロシアに亡命したスノーデン氏です。

彼の話では、googleやマイクロソフトなどがアメリカ合衆国の政府に情報提供しているそうです。
メールソフトで有名なアウトルックや、フリーメールのhotmailや音声などの通話がかのうなSkypeなどの情報の傍受を認めたそうです。

また、ドイツのメルケル首相の携帯電話を盗聴していたといわれ、オバマ大統領にメルケル首相が抗議したそうです。

もちろん、日本や韓国なども大規模に盗聴していると内部告発された。

youtubeや、googleマップ、スマホのandroidなどもグーグル社参加の企業だけに
ビッグデータの取扱いに多いに疑問を感じます。

 

SPONSORED LINK


エージェントが日本に

 

戦後、日本の自由民主党の結成に関与したそうです。
機密指定解除となった外交文書に証拠が残っている。

日本人のエージェントとして児玉誉士夫、笹川良一、岸信介、正力松太郎などが政治やマスメディアの操作を行い親米化に成功した。
自由民主党に活動資金を提供。

彼らは、なぜエージェントになったのでしょうか?
軍事裁判時に罪を免除された理由ではとの声も。
どうやら、この辺から親米派が作られていたようですね。

その他、映画では007やトムクルーズ主演のミッションインポッシブルなどがCIAのエージェントの映画としては有名です。


 

FBIとは

FBI レプリカカードケース 二つ折り バッジ付き 手帳
FBI レプリカカードケース 二つ折り バッジ付き 手帳

 

FBI:Federal Bureau of Investigation

連邦捜査局

 

アメリカ合衆国司法省の法執行機関

多数の州にまたがる大きな額の強盗事件や連邦政府の汚職
スパイやテロなど国家の安全保障に関することまた、サイバー犯罪にも対応するそうだ。

日本でいうところの公安や警察などに近いと思われる。

 

FBIで有名なのがジョゼフ・マクモニーグル。

いわゆる透視能力を使って仕事をする捜査官で、日本のテレビでよく登場していた。
「FBI超能力捜査官」というのは、あくまでも日本のマスコミが作った役職で公式では
そのような役職は存在しないそうだ。

行方不明者を透視能力で居場所を突き止めるという番組が一時期よくやっていた。

州を越えた広い範囲で活動する警察や公安の仕事ということで

CIAに対して、少々話題性に欠ける気がする。

 

CIAとFBIの違いは

CIAは諜報活動や新米化や反米政権の弱体化の活動

FBIはスパイ活動の取り締まり、や広域にまたがる犯罪の取り締まり。
調べてみると、CIAの活動は国内外にまた、インターネットの普及に伴って広範囲に
広がっているように思えます。
FBIは、どちらかというとアメリカ国内の犯罪がメインという感じでしょうか。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ