犬や羊の数え方は頭か匹か?使い分けは

先日動物園に行くと、キリンやライオン、シマウマ、ゾウなど
を観ると1頭でかわいそうな気がしました。

しかし、ここでふと疑問が?

シマウマは「1」と数えるとして、

羊は「」か?それとも「」か?

寝る前によく数える時はテレビで1匹、2匹だったな?

犬でも「匹」や「頭」両方つかってたな?

その使い分ける基準って何なんだろうと調べてみました。

 

犬
犬のしつけ ‐ TVチャンピオン2回優勝者!遠藤和博の犬のしつけ講座

 

匹と頭の由来

使い分けの前にちょっとした由来も載せておきます。

そもそも、日本で動物を数えるとき

と数えるようになったのは、
明治時代の終わり頃だといわれています。

それまで、日本では動物は
と数えられていました。

ちなみに、その匹とはある動物に由来して数えられていたそうです。
お尻の形」からつけられたそうですが、その動物はです。
そう、昔は馬を含めて動物を1匹(お尻)とか言っていたらしいです。

ちょっと、違和感を感じますね。

日本とは別に欧米では動物の数え方

head「」を使っていたそうです。

日本は、尻で欧米は頭って真逆ですね。

そして、明治の頃から西洋文化が入ってくるように
なった影響か?

動物の数え方として「頭」がいつの間にか
取り入れられてきたようです。
そこで、使え分けが重要になってきますね。

 

SPONSORED LINK



 

頭と匹の使い分けの基準

今現在の「匹」と「頭」の使い分けは
人間を基準としているようです。抱えられるかどうか

 

人間の両手で
抱えられる大きさ 「
抱えられない大きさ「
なので、
小型犬は1匹
大型犬は1頭

小さい時は抱えられても大きくなると
抱えられない動物は?正確にはわかりませんでした。
学術的には頭?
羊はグレーゾーンという事で「匹」でもよいみたい?

ちなみに、ダチョウペンギンは鳥類なので「」です。

普段意識していなかったけど微妙に基準があるみたいですね。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ