今年のお彼岸はいつから2016年 春秋

春と秋にあるお彼岸さん、今年はいつから?

その辺のところから、豆知識まで調べてみました。
なんだか、春分の日と秋分の日に重なってるけど
どうしてなんだろうって考えたこないですか?

そもそも、なぜ、先祖供養をするの?
このような疑問もわいてくるのではないでしょうか?

 

一度は見たい桜
一度は見たい桜

今年のお彼岸は

早速では、ありますが今年のお彼岸さんは

 

春のお彼岸
  • 彼岸入り 3月17日
  • 中日    3月20日(春分の日
  • 彼岸明け 3月23日
 

秋のお彼岸
  • 彼岸入り 9月19日
  • 中日    9月22日(秋分の日
  • 彼岸明け  9月25日
 

毎年
春分の日、秋分の日を中日として前後3日がお彼岸さんとなります。

春分、秋分の日は天文学的に太陽が真東から出て、
真西に沈み昼と夜の長さがほぼ同じなる頃をさします。
そのため、毎年同じ日ではなく微妙に変わってきます。

春分だと夏至までは、日が長くなります。
秋分を過ぎると冬至までは日が短くなります。

昔から言われることわざ?

暑さ寒さも彼岸まで

夏の熱さも彼岸を過ぎた頃から、和らぐ
また、冬の寒さも彼岸を過ぎた頃から和らぐという意味です。

 

SPONSORED LINK



 

彼岸と先祖供養

なぜ、この彼岸といわれる時期になると先祖供養するのか
昔、古神道家が言っていた話ですが、あの世とこの世の扉が
開いて行き来しやすい時期だそうです。(物理的な次元と霊の世界が近くなる)

そして、先祖が子孫の元を訪れるといわれているそうです。
なので、彼岸入りに迎え火をしたりします。

そして、お供え物など感謝して先祖供養を通して、成仏することを後押しします。
また、送り火をして霊を送る風習もあります。

ここで、なぜ先祖供養が重要視されているかと疑問に

先祖と私達は、目には見えない糸で繋がっている(霊線)と言われていて、
成仏すると子孫の運命も好転するといわれています。

なので、なぜか家系が不運続きになると先祖が成仏しきれていないと考えるみたいです。

ちなみ、私たち自身の想いも先祖に影響を及ぼすので、
他力本願的な先祖供養に依存しすぎない事も重要だと思われます。

また、天文学的な影響の他に、文化的な影響でお盆にも先祖達が
子孫の元に訪れやすいそうです。

なので日本全国で行われる盆踊りも、先祖の霊を供養することが由来だといわれています。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ