蚊の習性から対策しよう!部屋や庭から撃退

暖かくなると、部屋に増えるのが蚊

近年では、ウィイルスが蚊を媒介として
MERSが韓国でも流行ることとなり、
身近な場所にいる蚊の対策が気になる所だと思います。

.
今回は、蚊の習性を理解して、部屋や庭にいる
蚊を撃退する対策を調べてみました。

 

蚊は部屋の何処にいるのか?

蚊を見つけやすい所は
暗い所、暖かい所。

 
これは、蚊の習性として
温度が約25度~30度の暖かい所を好む習性
のためだといわれています。

 
そのため、部屋でいうと、電化製品コンセントの近く
昼間日光が当たっていたカーテンなども温度が高く
見つけやすいところです。

 

蚊の対策 捕まらない敏感なセンサー

蚊を発見しても簡単に捕まらない。
蚊は、人間の動きをどうやって察知しているのか?
実は、蚊は止まっている時は、後ろ足を上げている。

この後ろ足高感度のセンサー
空気の動きを感知しているそうです。

蚊はどうやって、人間を見つけるのか?
蚊は、人間から出る二酸化炭素
5、6m手前から察知している。

さらに、2,3mで体温
感じ取っているそうだ。
また、蚊が習性で大好きなものがある。
それが、何度も履いた靴下

蚊は、汗に含まれる乳酸と角質やアカの匂いに大興奮して
血を吸いによって来るそうだ。

足の下は、汗腺も多く、角質もたっぷりなのが習性を刺激。

 

SPONSORED LINK



 

部屋の中に蚊が入るらないように

タンザニアでは
臭い靴下を家の外に、置いておいて、家の中に入ってくる蚊を
少なくしようと実験しているそうだ。

さすがに、マラリアの対策として真剣に取り組まれている。

さて、そろそろ対策するためのグッズはないかと、
アマゾンを調べてみた。

さすがに、靴下より、電化製品のほうが現実的だ。
それが、コレ。小バエや蚊に数十匹もいけそうです。
業務用なのか?

 

音も、匂いもしない。人畜無害なグッズ?
青い光に虫が誘き寄せられるという。
興味あればレビューも読んでみるといいかもしれない。
写真をクリックすればアマゾンに飛びます。

ちなみに、私の部屋では数匹程度なのでこちらを使っています。↓

 

【電撃殺虫ラケット】 電撃殺虫器 ネット部分に虫が触れると電流で退治 室内 屋外 害虫退治 ハエ退治 蚊退治 電撃ラケット 殺虫器 電撃殺虫機 蚊 ハエ NB-01 (オレンジ)

 

ハエや蚊を電気の力で退治します。
ハエたたきだと、潰れて壁が汚れてしまうなか、こちらは触るだけで感電させて退治します。
買ってみて意外と使えると思えました。
網目状なので空気の抵抗で蚊に察知されることなく、壁に止まった蚊に被せてるようにするとピカッと光って感電して退治できました。

 

庭にいる蚊を撃退すには

 

よく言われるのが、植木鉢などの水たまりをなくして、
蚊になる前のボウフラを発生させない方法。

その他に、もっと違ったやり方も
家のベランダや庭など屋外を飛び回る蚊を一網打尽にする。

それはオスの蚊をある裏技で、靴下よりも効果的に集める方法

それが、メスあの「ぷーん」という嫌な羽の音
(400Hz~480Hz)これが音階で言うと「ラの音」(400Hz~450Hz)に相当。

この音を聞かせるとオスが靴下以上に集まってくるという。
実際に、牛舎でこの音を流して、周りに吸着剤を置いておくと
多くの蚊が吸着できたという。

庭では、水溜りを作らないことと、オスを減らすのに
「ラの音」などをマイクで流して実験するのもアリかもしれない。

ちなみに、血を吸う蚊はメスだけといわれている。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ