サンタクロースのトナカイ達の名前は?9頭目のルドルフ

日本人には余りなじみがない
トナカイってシカの仲間だったんですね
どうやら、寒い地方に生息する種類のようです。

クリスマスになると、
サンタクロースの乗ったソリをトナカイが
ひっぱているシーンが思い浮かびます。

 

ルドルフ 赤鼻のトナカイ【通常盤】 [DVD]

 

ルドルフ 赤鼻のトナカイ [DVD]

トナカイ達の名前

そのトナカイ達に名前
あったの知ってましたか?
  • ダッシャー
  • ダンサー
  • プランサー
  • ヴィクセン
  • コメット
  • キューピッド
  • ドナー
  • ブリッツェン
この八頭のトナカイがサンタクロース
のソリを引っ張っていました。

この名前は、1823年に発表された
サンタクロースがきた
という児童向けの詩のなかで、
使われて有名になりました。

ヨーロッパやアメリカなど
クリスマスのシーズンになると
学校や家など、子供に読み聞かせて
行くうちに、浸透していったそうです。

サンタクロースが八頭のトナカイ達に呼びかけ、
クリスマスのプレゼントを届けるシーンが描写されています。

 

SPONSORED LINK



 

9頭目のトナカイのルドルフ

この名前はどこかで聞いたこと
有りませんでしょうか?

真っ赤なお鼻のトナカイさんといえば
わかると思います。

(クリスマスソングで「赤鼻のトナカイ」)

1939年に発表された童話
ルドルフ 赤鼻のトナカイ
(アメリカの作家ロバート・メイ

この作品でルドルフが登場するのです。

もともと、8頭だったトナカイ達に
新しいトナカイが加わりました。

後に、アニメなどにもなり有名になったそうです。

 

トナカイの雑学

シカの仲間で、元々トナカイ
アイヌ語由来して日本語らしい。

そのため、日本でのみ通用する名前。
北アメリカでは、カリブと言われている。

シカは雄のみ角が生えるがトナカイは、
オスでもメスでも生える。

オスは春に生えはじめ冬に抜ける
メスは冬に生えはじめ夏に抜ける

冬に食料を得るために必要なためといわれている。

昔から、家畜とされてきた。
食肉用、乳、毛皮に加え荷物の
ソリ引き用などとして飼育されてきた。
トナカイというと、
日本人には余りなじみがない動物です。

ただ、クリスマスとほぼ、連動して
なんだか少しワクワクします。

また、「赤鼻のトナカイ」という
曲も、聞くだけで気持ちが盛り上がる。

子供も大人も親しめる
クリスマスソングとしてお勧めです。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ