忘年会に行きたくない内向的な新人が通る壁?

社会人になって、学生の頃と違う習慣にストレスを
感じる人多いのではないでしょうか?

なかでも、年末になると恒例の忘年会に行きたくない人
多いのではないでしょうか?

しかし、職場の雰囲気的に断るのがむずかしい
そんな人の参考になればと思います。

 

忘年会・歓迎会・送別会・接待に!サラリーマンのための飲み会なぞかけ100選
サラリーマンのための飲み会なぞかけ100選

 

なぜ行きたくないか知る

いきなりですが、自問自答です。
何故行きたくないか?

私の場合は、職場の上司が高圧的で話しづらかった。
内向的で新人で顔も覚えてもらえていない。
全然しらない、上司と何を喋ったらいいのかわからない
ネタがないので、会話に入れない。

そもそも、人見知りで喋れない

お酌をついで回れる時に、何か言われるのが怖い。

今考えてみると、若い頃の私の心の中では

上司に対しての認識が嫌い、攻撃されるでした。
今までの、育った生活環境の原因もあり、上司も
攻撃的な人だったので飲み会に行きたくないと思いました。

しかし、行くしかない年末はうつな気分でした。

 

行かない場合のデメリット

後日、理由を聞かれる。

常識ハズレと説教をされる。

なんとなく、仲間はずれ?疎外感を感じる。

上司からみると付き合いが悪いと、個人評価が下がる。
新人の頃は凄く、理不尽に思いました。
職場によっては忘年会は業務じゃないか?

行きたくないけどノミニケーション
なので強制参加で断ることは、ありえない。

そういう時代?職場でした。
で職場の雰囲気によるのですが、

参加しない場合の苦痛
参加した場合の苦痛

比べると参加した場合の苦痛がまだ楽だったりします。

 

SPONSORED LINK



 

嫌々でも参加してみてる

 

忘年会という事で、出し物やゲームなども
あるかもしれませんが、趣味とか興味ある分野の人と
話し込むことが一番無難です。

同じように、嫌々参加している
先輩もいるかもしれません。

また、仕事以外の話は気軽にしやすいので
この場を利用して距離を縮められると考えると
通常の業務が楽になります。

自分が安心して話せる人
できると、かなり楽になります

組織で働く以上どうしても、これらの行事はついて回ります。

(女性が多い職場少ないかも)

同じように、苦痛に感じている人の仲間が出来ると
グッと楽になったことがあったので、探してみるといいかもしれません。

ちなみに、私の友人の職場は自由参加だそうです。
もちろん、参加しなくても、とやかくいわれない。

職場や上司によって、考え方があり参加しない人が攻撃される職場とされない職場があったんですね。

 

SPONSORED LINK



 

対策を考える

得てして管理者は参加させようとします。
しかし、最近では飲まない人や非正規も多くなり職場の意味のない
行事に参加しない人々も多くなりました。

この人達と手を結んで欠席する。
少数派でもある程度人間がいれば個人攻撃はなくなるはず。

人数が増えると上司からの評価を気にせずに済むので
また、迷っている人も仲間に引きずり込む!コミュ力無いと無理かな・・・。

ちなみに、風邪気味アピールで休む。これは、1年に1回ぐらいならイイのですが
何度も使うのは難しいですね。周りにもいきたくないのが伝わってるみたい。

ただ、こういう飲み会は会社内では仕事の評価に繋がっているかも?
なので、自分の立場や出世を考えると出席するほうが楽なのかもしれません。

それに、人間関係が悪い組織で長く働けるとは思えない・・・。

また、人数が中途半端に少ないと断るとことも難しいですよね。

私も、そういう環境だったので、いち早く座る席を確保していました。
喋りにくい相手の近くには行かない!自分が安心できそうな位置を確保する。
不幸にも、身近に嫌いな相手がいた場合はトイレにいって時間を潰したり、携帯電話がかかってきたふりをして外に出て行きます。

あとは、ひたすら飲むまたは食うことに集中する。

サラリーマンにとっては、必修科目なのでどうにかクリアーしてください。
1,2年すると後輩ができたり、嫌いな上司が移動したりで楽になってきます。
自分の地位が高くなると楽になります。

楽にならないようなら、人間関係のよさそうな部署に異動願いを出すべきかもしれません。



 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ