冷え性改善には腹巻きと333入浴法と筋トレが効果的な理由

前回は、冷え性の人がやっている悪い習慣を解説ましたが
今回は、プラスアルファでやってもらうとより効果的な方法の紹介です。

何で冷え性改善に腹巻きや、333入浴方法、筋トレがいいのか理由がボンヤリとしてましたが

今回も内科医の石原新菜さんまたの名を冷え性改善の名医の解説に納得できました。
頭で考えて行動しない人には、効果をちょっと見てみると参考になるかも。

 

1週間で体が変わる「温め美人」生活 ――ダイエット・美肌・アンチエイジングも思いのまま!
1週間で体が変わる「温め美人」生活: ダイエット・美肌・アンチエイジングも思いのまま!

 

冷え性の改善法

冷え性改善方法についてですが、やはり簡単で手間がかからず日常生活に習慣化しやすいのが効果的かと思い勝手に3つほど並べてみました。

 

3・3・3入浴法

41~42度のお湯に肩まで3分つかって
3分湯船からでて体や頭を洗って
また、3分湯船につかる。

コレを3セット繰り返す

コレをやると汗が出てきて体があったまる。

(解説:石原新菜)
ちなみに333入浴法の効果はたくさんの汗が出るので
30分間のジョギングと同じ消費カロリーとのこと。
ダイエット効果も期待できる

わざわざジョギングしなくても汗がそんなに出るのなら、これはちょっと余分な水分排出に効果があるかも。
333入浴法がそんなにカロリー消費するなら、ダイエットのためのジョギングもいらないかも。

発汗が必要な理由
ちなみに、前回も解説したように水の飲みすぎが体を冷やす
汗で水分を出す必要があるので運動しなくても発汗できるなら効果的な方法だと思う。

 

SPONSORED LINK



 

腹巻きの効果

ずばり、24時間腹巻きが改善に効果があるそうです。
内臓全体を温めると血流も多い所なので全身が温まるということです。

昔の人がよく腹巻きをしていたが健康の観点から理にかなっていたんですね。

内臓が冷える内蔵型冷え性の方にはコレがお勧めです。
内臓が冷えると免疫力が落ちて、最悪な場合大腸や胃のガンに繋がる可能性があるそうです。

そして、男性に冷え性が少なくて女性に冷え性が多い理由が筋肉だそうです。
なぜかというと↓

 

筋トレ冷え性にイイ理由

これはかなり重要だと思います。
体温の約4割が筋肉から作られるので男性に比べ筋肉量が少ない女性が冷え性になりやすいといわれています。

つまり、筋肉量が増えれば体温が上がって、体が冷えない効果が。
肩こりも、筋肉量が関係する場合もあるので、筋トレ優先度高めだと思います。
筋トレはどんなのがいいか?

体の中でも比較的大きな筋肉を鍛えることでよりエネルギーの燃焼にも繋がります。
なので、体も温まりやすくなります。

また、体の中で筋肉が多い部分は下半身(大腿四頭筋など)になります。
ウォーキングも足腰の筋肉を鍛えてくれる運動なおでお勧めです。

でも、寒いと外に出るのがおっくうという方には屋内でも簡単にできる方法を探してみました。

.
壁腕立て

壁を使って30回ぐらいを3セット


 

スクワット

膝と腰を痛めないように正しい姿勢で無理をしないで30回


筋肉がつくと高確率で冷え性から解放されると思います。

その他にもダンスも効果的だと思います。
筋肉をつけるなら単調な筋トレよりダンスで音楽にのって楽しく行きたい人向け
ダイエットDVD検証

こちらのページのTRFかセクシサイズ辺りがお勧めです。

 

まとめ

 

腹巻きや、333入浴方法、筋トレが冷え性改善に効果ありそうなのを並べてみました。

冷え性は改善方法も重要ですが、悪い習慣を改めることがもっと重要になると思います。

前回の冷え性を助長する悪い習慣のまとめを見てみることもお勧めします。

冷え性に悪い習慣まとめ

こちらで習慣をあらため、更に今回の改善方法を試して冷え性の改善に役立ててみてください。

 

【SPONSORED LINK】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ